知っておきたい墓地の選び方

墓地の場所を選ぶ時は様々なことを考慮した上で選びましょう

墓地の場所も維持していくためには考慮する必要がある

墓地の場所も維持していくためには考慮する必要がある いつまでも生きたいと思っても、人はいつかは亡くなります。
身内がなくなったときに葬儀が終わってほっとしたのもつかの間、仏壇や墓地はどうするということで頭を悩ますことも多いでしょう。
故人が海が好きだったから海の見えるところにしようとか、景色がおおところといって安易に決めてしまうのはそのときは、故人のためによいことをしたような気がしますが、現実的ではありません。
墓地の場所というのは、家族の今後の生活を見据えたうえできめていかないと墓地はあってもだれもお墓参りすらできないという事情がおこります。
とくに、自分は都内に暮らしていて、実家のお墓が地方にあるという人は多いでしょう。
日本にはお彼岸やお盆にお墓参りをするという習慣はありますが、忙しく仕事をしていたり、自分の生活に追われている現代人にとって、お彼岸やお盆のたびに地方まで足を延ばしていくことは容易なことではないのです。
そのため、墓が荒れ果ててしまうというケースが簡単に起こってしまうのです。
ですから、今後墓地を買う予定がある場合は、家族やその孫の生活を視野にいれて決めていく必要があります。
たとえば共同墓地にするとか、散骨、などさまざまなやり方があるので、じっくりと家族で話すことが必要です。

お参りしやすい墓地の場所の選び方について

お参りしやすい墓地の場所の選び方について 墓地は親しかった故人やご先祖様が静かに眠る場所で、そこにお参りすることで心の安らぎを得られるような所が理想です。
一般的にはお盆やお彼岸等の行事に、あるいは故人の法要等の際に親類が集まってお参りするのが一般的ですが、それ以外にも月命日等に気軽に行けるような場所になるように墓地の選び方を考えてみます。
第一に交通の便の良い所であることが条件になります。
現在は交通網が発達し、車があればどこにでも行くことが出来ますが、その場合に駐車場は確保されているかが重要です。
駐車に手間取ってお参りする時間が少なくなってはせっかく尋ねてきた甲斐がありません。
まして路上駐車は論外です。
また、自分達の年齢も考える必要があります。
今は運転できても近い将来も運転が可能かどうかです。
場合によってはバス等の公共交通機関で行ける所を選びます。
次に墓地のある場所の環境です。
日当たりがよくじめじめしていない所を選びます。
お彼岸等には久しく合わないでいる親類達がお墓に集まってお掃除をしたりその後ご先祖様たちの事を話題にしながら久しぶりの再会を楽しむことが出来るような明るい所が理想です。
さらに、例えば海が好きだった人のために海が見える見晴らしの良い所に墓地を求めたとして、高齢になった時も大丈夫か、自分がお参り出来ない場合の管理はどのようにするかも考えておく必要があります。
きちんとした墓地管理者がいて代行してくれるシステムがあれば安心です。

全国墓地関連情報

全国の墓地情報

新着情報

◎2019/2/20

場所や駐車場も確認
の情報を更新しました。

◎2018/11/21

地方墓地の場所事情
の情報を更新しました。

◎2018/10/31

サイト公開しました

「墓地 場所」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@sasakitoshinao 「遺体のリサイクル」ですよ。これのどこが「日本人の宗教観としては悪くない」なのでしょうか? 日本古来の神道に照らし合わせても無理がありすぎる。法律に照らし合わせても、墓地でない場所に宗教的儀式無しに死体を遺棄するんだから死体遺棄です。いったい何を考えてんるんですか、呆れます。

Twitterオッサンピーナッツ(本名:佐々木)@dopam333

返信 リツイート 13:29

「遺体のリサイクル」ですよ。これのどこが「日本人の宗教観としては悪くない」なのでしょうか? 日本古来の神道に照らし合わせても無理がありすぎる。法律に照らし合わせても、墓地でない場所に宗教的儀式無しに死体を遺棄するんだから死体遺棄です。いったい何を考えてんるんですか、呆れます。

Twitterオッサンピーナッツ(本名:佐々木)@dopam333

返信 リツイート 13:22

「……ここは墓地か?厭な場所で召喚するなァ、お前」

菜園に使うのは抵抗がある人もいそう(論理じゃなくて感覚的に。抜けた髪の毛を汚いと思うのと同じで)。それに、遺された側の感情としてはやっぱり悼むための場所は欲しい。 墓地の機能はそのまま、墓石の代わりに木の苗を植えて堆肥で育て、森や公園にするのはどうだろうか。

寺の墓地じゃなくてなんかだだっ広いメモリアルパークとかいう頭お花畑みたいな場所どうなの?生きてる時間より死んでる時間のほうが長いから見に行きたいじゃん

Twitterがぁちゅ/終葉@gaxatyu

返信 リツイート 10:00

私にとって墓地など休憩所のような場所だ。恐れることなど・・・!! や、やあ、クリムゾン・ブレーダー今日も暑苦しいな。君が私を墓地に送るのか・・・?

Twitter瀑征竜-タイダルbot@BakuseiryuBot

返信 リツイート 1:29

タイコロでのランサー曰く 「狭い場所ならいざ知らず、槍を存分に振れる墓地なら引けは取らない」

Twitterハインツ@クソリプマン@haint_rat_snake

返信 リツイート 0:53

世界遺産、スクーグシェルコゴーデン。 森と墓地が一体となった神秘的な場所。死者は森へ還るというのがスウェーデンの死生観らしい。自分もこんな場所で眠りたい。 pic.twitter.com/fK41v2D1bI

私はイスラエルに行って2000年くらい前にイエスさんも眺めたかもしれないガリラヤ湖畔の景色を眺めるけど、日本おの幸畑陸軍墓地で100年ほど前に倉I大尉が手を合わせたかもしれない場所に立ってちょっと哀しい気持ちになるのもいい。

【お死体申しておりました】 『ノー・リアル・パーティーナイト・イン・ザ・ヘル』 骸骨を土中から呼び寄せて攻撃する。夜間のみ使用可能。呼び出せる数は発動場所によって異なり、墓地などでは際限無く召喚が可能。骸骨は光に弱く、懐中電灯などを当てれば塵になるが、暗くなればすぐに復活する。

Copyright (C) 2018 知っておきたい墓地の選び方. All Rights Reserved.