知っておきたい墓地の選び方

墓地の場所を選ぶ時は様々なことを考慮した上で選びましょう

墓地の場所も維持していくためには考慮する必要がある

墓地の場所も維持していくためには考慮する必要がある いつまでも生きたいと思っても、人はいつかは亡くなります。
身内がなくなったときに葬儀が終わってほっとしたのもつかの間、仏壇や墓地はどうするということで頭を悩ますことも多いでしょう。
故人が海が好きだったから海の見えるところにしようとか、景色がおおところといって安易に決めてしまうのはそのときは、故人のためによいことをしたような気がしますが、現実的ではありません。
墓地の場所というのは、家族の今後の生活を見据えたうえできめていかないと墓地はあってもだれもお墓参りすらできないという事情がおこります。
とくに、自分は都内に暮らしていて、実家のお墓が地方にあるという人は多いでしょう。
日本にはお彼岸やお盆にお墓参りをするという習慣はありますが、忙しく仕事をしていたり、自分の生活に追われている現代人にとって、お彼岸やお盆のたびに地方まで足を延ばしていくことは容易なことではないのです。
そのため、墓が荒れ果ててしまうというケースが簡単に起こってしまうのです。
ですから、今後墓地を買う予定がある場合は、家族やその孫の生活を視野にいれて決めていく必要があります。
たとえば共同墓地にするとか、散骨、などさまざまなやり方があるので、じっくりと家族で話すことが必要です。

お参りしやすい墓地の場所の選び方について

お参りしやすい墓地の場所の選び方について 墓地は親しかった故人やご先祖様が静かに眠る場所で、そこにお参りすることで心の安らぎを得られるような所が理想です。
一般的にはお盆やお彼岸等の行事に、あるいは故人の法要等の際に親類が集まってお参りするのが一般的ですが、それ以外にも月命日等に気軽に行けるような場所になるように墓地の選び方を考えてみます。
第一に交通の便の良い所であることが条件になります。
現在は交通網が発達し、車があればどこにでも行くことが出来ますが、その場合に駐車場は確保されているかが重要です。
駐車に手間取ってお参りする時間が少なくなってはせっかく尋ねてきた甲斐がありません。
まして路上駐車は論外です。
また、自分達の年齢も考える必要があります。
今は運転できても近い将来も運転が可能かどうかです。
場合によってはバス等の公共交通機関で行ける所を選びます。
次に墓地のある場所の環境です。
日当たりがよくじめじめしていない所を選びます。
お彼岸等には久しく合わないでいる親類達がお墓に集まってお掃除をしたりその後ご先祖様たちの事を話題にしながら久しぶりの再会を楽しむことが出来るような明るい所が理想です。
さらに、例えば海が好きだった人のために海が見える見晴らしの良い所に墓地を求めたとして、高齢になった時も大丈夫か、自分がお参り出来ない場合の管理はどのようにするかも考えておく必要があります。
きちんとした墓地管理者がいて代行してくれるシステムがあれば安心です。

全国墓地関連情報

全国の墓地情報

新着情報

◎2019/5/9

墓を放置するとどうなる?
の情報を更新しました。

◎2019/2/20

場所や駐車場も確認
の情報を更新しました。

◎2018/11/21

地方墓地の場所事情
の情報を更新しました。

◎2018/10/31

サイト公開しました

「墓地 場所」
に関連するツイート
Twitter

はい、着きました~。ここは命蓮寺裏の墓地だよ!なんでテンションが高いって?だってここで驚かせば普段驚かない奴も驚くんだもん♪私のお気に入りの場所だよ♪ここにはもう一人宮古芳香という腐っている子がいるんだけど、きちんと話せばいい子だからみんな仲良くしてね。

Twitter幻想郷ツアー@小傘ガイド bot@kogasa_gaido

返信 リツイート 8:25

アメリカ・メイン州の小さな街ルドロー。トラックが行き交う道路沿いに引っ越してきたルイス一家は新しい家に大喜び。だが、数日後、ペットの猫が轢死。近くにあるペット・セメタリー(動物墓地)の奥の“禁断の場所”に埋めると、なんと翌日猫は生き返った。

シンガポールの日本人墓地に行ったことはありますか? からゆきさんや、漁師さん、軍人さん、色々な人が、眠っている場所です。遠方に故郷を想う人々に会いに行く。そんな旅も素敵です。oniten-yomu-book.com/entry/2017/02/…

Twitterオニテンの読書会お知らせ用@oniten_oshirase

返信 リツイート 0:10

返信先:@enkeaki アーティファクトを墓地に落として何やかんやするゴブリンってゴブリン部族単に居場所有りますか?

Twitterウェアゴリラ@sasamori00

返信 リツイート 0:01

返信先:@cobalt_hunter いやいや、そんな…壮大なものじゃないです。 この道の奥は古い墓地ですよ…殆どが自然に帰りつつある夜は怖い場所です。

ところで小笠原さんの本を読むにO原伍長は「戦友が眠るこも場所で眠りたい」って陸軍墓地に納骨されているのよね。何十年経ってもそうおもうなら、倉I大尉だってそう思ってもおかしくないよね……。骨の一部だけでもあのお墓に納骨されてないかな…(5日間で20回くらいあのお墓の前に立った私)

返信先:@zerofighter_K他1人 クソコラなので、その辺は(笑) 陸海軍墓地は希望者のみが埋葬される規則なので、遠方の方は身近な市の用意した市営墓地の区画に埋葬されたのでしょうね。 町の小さな墓地でも一番目立つ場所に戦没者の区画がある場合もありますからね。

返信先:@yumisogun他1人 ちなみに、軍人墓地場所は入り口入ってすぐ右側です。 写真は赤丸地点付近から撮影しています。斜面を整地して段々になっている一番高い場所です。 全部見た訳ではないので断言できませんが、見た限りでは陸軍さんばかりでした。 pic.twitter.com/Noct4Sek3I

最高の思い出の場所がニキの墓地…複雑だな……(それはそう)

私にとって墓地など休憩所のような場所だ。恐れることなど・・・!! や、やあ、クリムゾン・ブレーダー今日も暑苦しいな。君が私を墓地に送るのか・・・?

Twitter瀑征竜-タイダルbot@BakuseiryuBot

返信 リツイート 昨日 20:59

Copyright (C) 2018 知っておきたい墓地の選び方. All Rights Reserved.